Mac

iMac 2011midを32GBに増設

投稿日:

昨日、メモリが足りないという記事を書きましたが、メモリが安くなっていることもあり、一気に32GBに増設しました。

昨日、ブログを書いた後に「メモリ増設するか〜」と思い、ネットをウロウロ。
そこで、メモリがめちゃくちゃ安くなっていたので、増設決定!
問題は、何GBにするか、どのメーカーにするか、どこで買うかです。
Appleの公式アナウンスでは、最大16GBとなっているけれど、実質32GBまで積めることをネットで得る。
ふむふむ…
だとしたら、重〜いadobeやタブをたくさーん開く私には32GBにしちゃえ!
さて、決めたここから、更にネットの海をさまよいました。
もうメモリに苦しめられるのはこりごりなので、一日でも早く増設したい。
なので、安くて、かつ配送の早いところ、ということでAmazonでTrasendを購入することに決定。
こちらです↓

しかも、Amazonの「当日お急ぎ便」を使ったので、午後には受取ることが出来ました!
ちなみに、私が見た時はTrasendでもAmazonが一番安かったのです。
なので、その差額で「当日お急ぎ便」を使えました。

さて、問題はメモリの増設です。
iMacの下部のカバーを外すのはスムーズにできました。
問題は、現在ささっているメモリをどうやって外すか、です。
多くの男性の方々が、「固い」というメモリ。
とてもじゃありませんが、非力には自信のある私には到底無理でした。
一瞬、「買ったこのメモリは無駄になるんでは?」と思ったほど。
かなり焦りました。
が、ここでいいものが登場しました!バイスプライヤーです。
これで、黒いベロを挟んで引っ張ろう!とした結果…今までの苦労が嘘のように簡単に出てきました。
うちは父の仕事の関係上色々な工具があったので、今までもずいぶん助けられているのですが、
今回も助けられました。
iMacのメモリを交換・増設したいけど、固くで出来ないという女性は多いと思いますが、バイスプライヤーがあれば力など必要なく、簡単に引っ張れるのでお勧めです。

そして、32GBを積んだiMacは無事メモリを認識し、快適に動いてくれています。
あー、もっと早くやれば良かった…






  • この記事を書いた人
akika

akika

Synkers.netへようこそ。 『Synkers』とは、"Think" と "Sync"を掛け合わせました。 Macやガジェット、ネット関連を中心に書いています。 → 詳しいプロフィールを読む

-Mac

Copyright© Synkers.net , 2020 All Rights Reserved.