雑談

iMac新品交換での痛手 〜その2〜

投稿日:2013年3月13日 更新日:

新品交換品が来たのに、喜んでいられない@a_kikaです。

先日は、セキュリティソフトが上限に達したので、新たに買い直すということをお伝えしましたが、なんとPhotoshop Elementsまで!
Photoshop ElementsはメインMacと2006iMacに入れていました。
そこで、2006が寿命が来たため、こちらの分をWindowsに入れました。

そして先日届いたiMac交換品。
書類等失わずにうまくバックアップできたのですが、アプリの一部はシリアルNo.が失われていたり、再インストールが必要だったりしました。
ここで問題が起こりました。
毎日と言っても過言ではないほど使っていたPhotshop Elementsもそのようです。
「シリアルナンバーが上限に達しています。他のコンピュータでライセンス解除をして下さい」と出ます。
そう言われても、Windowsはサブなので解除するワケにはいかないし、かと言ってメインMacは突然ダメになったのですから、ライセンス解除なんて今更出来ません。
adobeのページを見たのですが、「コンピュータが盗難、修復できないほど破損、またはハードディスクが完全にイメージ変更された場合は、ライセンス認証が失われます。この場合、新しいコンピュータにアドビ製品をインストールして使用を開始すると、既に2台のコンピュータでライセンス認証が行われているという問題が検出されます。今まで使用していたコンピュータがもう使用できない場合でも、新たにライセンス認証を行うように指示されます。」
だそうです。
つまり、盗まれたり、壊れたり不意のことが起こってもそれはそれでライセンス取るからね〜、っていうことです。
なんとも非良心的な…
ということは、Dreamweaverも同じですな。
メインMacに入れていたのですが、こちらも同じAdobe品。
まぁ、2006iMacは非力過ぎて入れていなかったので、まだ後1ライセンス残っていますが、Photoshop Elementsは…。
買い直しですか…。
Photoshopじゃなかったのはまだ良かったけど、何だかAdobe使うのイヤになってきましたT_T
だって、また同じようなことあったらどうするの?

とりあえず、Windowsに入っているPhotoshop Elementsのライセンス解除をしてWindowsではGIMPでも使うかな?

仕事でAdobe製品を使っている方は、お気をつけ下さい。






  • この記事を書いた人
akika

akika

Synkers.netへようこそ。 『Synkers』とは、"Think" と "Sync"を掛け合わせました。 Macやガジェット、ネット関連を中心に書いています。 → 詳しいプロフィールを読む

-雑談

Copyright© Synkers.net , 2020 All Rights Reserved.