カメラ

カメラ女子におすすめ!一眼レフ入門書

投稿日:2014年7月6日 更新日:

カメラ女子入門の時に是非オススメしたい1冊!

GW後半。最近、眼がゴロゴロして画面を見るのが辛かった@a_kikaです。

ものもらいという訳ではないのですが、右目がゴロゴロして気になってスマホ画面を見るのも鬱陶しかったので、ホウ酸で洗い始めて、少し楽になってきました。

さて、先月突如一眼レフデビューをしたのですが、ちょこちょこ撮っていますが、一眼レフってすごいですね!

コンデジとの違いにびっくりしています。

D3200はエントリーモデルなんですけどね。

関連記事
初めての一眼レフ Nikon D3200が届いたので開封レビュー

IXY610Fの修理をきっかけに急に一眼レフデビューをしたい!と思った@a_kikaです。 以前から興味はありましたが、 ...

続きを見る

とはいえ、初めての一眼レフということでわからないことだらけなので本を買いました!




カメラ女子にぴったりな一眼レフ入門書

一眼レフを購入したものの、F値とかホワイトバランスとか全然わからない。

それに、どうやったらボケ感のあるおしゃれな写真が撮れるのかもわからない。

というより、なんにもわからないんですよね。

ということで、カメラ系の雑誌や本を何冊か読みました。

でも、もう仕方ないんでしょうが単語が難しすぎる!

いえ、慣れてしまえばなんでもないのでしょうが、絞りをどうするとかF値はこれくらいと言われても、F値ってどんな役割だっけ?とかそこへ戻ってしまうんですよ。

なので、読みすすめるのが大変!

それに、こんな写真を撮りたいときは...的なのって少ないんですよね。

そこで見つけたのが、「いちばんていねいでわかりやすい はじめてのデジタル一眼レフ 撮り方超入門」です。

ただの入門編じゃないですよ。超入門ですよ。この差が初心者さんにはすごく大きいです。

絞りとか言葉しかしらないし、自分の撮りたいものはどういう設定で撮ったらいいのか、そんなことが難しい言葉ではなく、やさしい言葉で書かれているので、「カメラってわからない」っていう人でもスッと入ってきます。

もちろん入門書の本はどれも見本が載っていたりするのですが、この本は特に、女性の多くが撮りたいと思っているのを女性の言葉で、イラスト入りで堅くならずに書かれているので、カメラのことを全くわからなくても、「あ、こうやって撮ったらいいのか」と言葉を深く考えなくても感覚的に理解できました。

この "感覚的に" って、女性にはポイント高いと思うんですよ。

どちらかと言うと、女性って、男性よりも感覚的にとらえるじゃないですか?

もちろん、論理的に、というのも必要なんですけど、のっけからそれだと、「カメラって難しい」って思っちゃうし。

でも、感覚的になら、「このカメラでどれだけ世界が広がるかな?」ってワクワクしますよね。

それを後押ししてくれる本がコレでした。

本当にね、コレを読んでいる途中で何か撮りたくてウズウズしましたよ。で、すぐに撮りましたw

「一眼レフを購入したけど、カメラのこと何もわからない...」という、まさにカメラ女子入門の時にオススメしたい1冊です。

この本だけでも女性は撮りたいもの結構撮れると思います。

そして、この本では物足りなくなったら、普通のカメラ系の雑誌や本を読むといいと思います。

その頃には、言葉も頭に入っていると思うので。

とにかく、それまでの間におしゃれな写真を撮りたい!という時に、ワクワク楽しみながら撮れるのがこの本です。






  • この記事を書いた人
akika

akika

Synkers.netへようこそ。 『Synkers』とは、"Think" と "Sync"を掛け合わせました。 Macやガジェット、ネット関連を中心に書いています。 → 詳しいプロフィールを読む

-カメラ

Copyright© Synkers.net , 2020 All Rights Reserved.