Wunderlist→挫折→Nozbeで一時復活→Toodledoで新たにGTD開始

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

最近、更新ペースが落ちている@a_kikaです、こんにちは。
ブログ更新もですが、Twitterでの呟きも減っています。
特に体調が悪化したとか、家族が入院したとかではないですが、仕事の方のサイトのアクセス順位が落ちてきているので、あれやらこれやら頭がいっぱいでした。
というか、現在進行形ですね。

GTD

さて、以前に記事を書きましたが、昨年秋にタスク管理としてWunderlistを使用しはじめました。
それまでは、やりたいこと、やるべきことはただ頭の中にありました。端末を挟んでの共有とか面倒なこともありませんし。
でも、どんどん仕事が増え、やるべきことになかなか手が回らなくなってきたりということもあり、To Do管理としてWunderlistを使いました。
Wunderlistにしたのは、異なるプラットフォーム(Mac、iPhone、Android)で安く管理できるという点が良いと思ったからです。
でも、使っていくうちにWunderlistのアラーム機能が不便で、なんとなく特定のTo Doアプリを使わずにMacとiPhoneのメモを共用していました。
そして、いや、やっぱりなぁとNozbeで再開し、しばらく使ったものの、Nozbeのある一点で限界を感じました。
要は、”やること”にも順位があるよね、ということでした。
たとえば、Aという事柄はやりたいし、やった方がいい。けれど、全体的に見るとそう急がなくてもいい。そんな感じですね。
そうなると、これって最早To Doではないですよね。GTDです。

MacでGTDアプリというとOmniFocusが有名ですね。
色々なところで見ると、とても使いやすそうで惹かれます。
が、MacとiPhoneと揃えるとなるとそれなりにお値段もしますし、何より三日坊主になって無駄にしたくない、というのもあり、高性能ということでToodledoを試してみることにしました。
ToodledoはWebサイトはもちろん(これだとWindowsからもOK)、Macアプリもあるし、サードパーティーでiPhoneで使えるアプリもあります。
Wunderlistを使い始めた時はAndroidアプリ〜〜と思っていましたが、最近、メインはiPhone、物によってAndroidと棲み分けしており、タスク系でAndroidを使うことは少ないので今回はAndroidアプリは除外しています。
Toodledoは英語サービスで、何より色々と書いてあるので、正直、初めはいったいどこから手をつけたらいいのか、「???」状態でしたが、ネットで色々参考にして使い始めました。
といっても、まだまだ使いこなせてはいませんが、やるべき順位をつけられるというのはポイント高いですね。
後は三日坊主にならないように、ですね(苦笑

そして最近気づいたこと。GTDってマインドマップに結びつくな…と。
マインドマップの方が関連で出てくるので、自分でも気づかなかったことが出てきたりはありますが、マインドマップでGTDもできますね。
マインドマップはしょっちゅう書いているわけではないけれど、やっぱりちょっと整理したいときには書いています。
マインドマップとGTDを合わせて管理出来たら、と思います(頑張ろう…

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事とスポンサー広告