周辺機器

Logitech K750 for Macで入力ができなくなった時の対処法

投稿日:2015年8月13日 更新日:

Logitech K750 for Macで入力ができなくなった時の対処法

昨日、米Amazonで購入したLogitech Wireless Solar Keyboard K750 for Macが突然入力ができなくなりました。

まさか、もうダメになったのか?とも思いましたが、対処法を発見したのでご紹介します。

スポンサードリンク




Logitech Wireless Solar Keyboard K750 for Macで突然入力できなくなった場合

本当にそれは突然起こりました。

ついさっきまで普通に使えていたのに、急にどのキーを押しても反応しなくなる。

仕事の途中でこんなことが起きたら焦りますよね。

壊れるにしてはあまりにも早すぎる...。

最初はUnifyingレシーバーを疑ったりしてみたのですが、マウスは動いたのでキーボードの問題と判断。

対処法がなかなかわからず、復帰まで時間がかかりましたが、対処法を見つけました!

わかってみれば、対処法はとっても簡単でした。

K750 for Macで入力できなくなった場合の対処法

 

  1. 上画像の左側の○囲みしてある、ソーラー確認ボタンを数回押し、緑色にする
  2. 右側の動作スライドスイッチをON/OFFを繰り返す

これで、入力できるようになりました。

よくわかりませんが、ソーラー部の問題なのでしょうか?

どちらにせよ、復活してくれて助かりました。

iMacとの見た目のバランスが良く、チャタリングを起こしにくく、かつUS配列のフルキーという私のわがままを満たすキーボードはなかなか見当たりません。

そんな中で見つけたキーボードなので、そんなに早く壊れてしまっては悲しすぎます。

本当に使いやすいので、日本のAmazonで並行輸入として在庫があるときにでも予備を購入しておいてもいいかもしれない、と思いました。

米Amazonから購入しても、今だと円安で結構すると思うので。

どちらにしても、入力できなくなり焦りましたが、無事入力できるようになってよかったです。

 









-周辺機器

Copyright© Synkers.net , 2018 All Rights Reserved.