MacでWordPressのローカル環境を作るのにLocal by Flywheelが超絶簡単だった

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

MacでWordPressのローカル環境を作るのにLocal by Flywheelが超絶簡単だった

WordPressをつかっていると、テーマをカスタマイズしたり色々したい時ってありますよね。

そんな時にMacのローカル環境でWordPressを使えるようにすることで、今まではメジャーであるMAMPを使っていました。

でも、MAMPって正直わかり辛いし、設定とか面倒ですよね。

今回も、ちょっとWordPressのテーマをいじりたかったのですが、MAMPを使うのが億劫でした。

そんな時に、Local by Flywheelをいうものを知り、早速使ってみたら超絶簡単で何にも考えずに簡単にローカル環境が作れ、立ち上げることも楽だったのでご紹介します。

MAMPが面倒だった

パソコンのローカル環境でWordPressを使えるようにするのに必ず紹介されるのがMAMPですよね。

私もWordPressを使うようになってから、MAMPを使っていました。

でも、正直、このMAMPって嫌いでした。なぜって、面倒だから。

なんでしょうね、あのMAMPの面倒さは。ポートとか色々。

なので、もうできるだけMAMPを使わない方へ自分を持っていっていました。

もう、簡単なカスタマイズなら、実際のブログで見ながらやっちゃう位に嫌いでした。

でも、今回、ちょっとさすがにそれは出来ないよなぁ、という状況になり、「MAMP立ち上げるかぁ」と思ったところに、Local by Flywheelという存在を知りました。

Local by Flywheelはめちゃくちゃ簡単!

Local by FlywheelもMacにWordPressのローカル環境を作るアプリなのですが、MAMPみたいなわかり辛さも面倒さは全くありませんでした。

ただダウンロードして、ちょちょっと打って終わり!

MAMPだと知識がないとよくわからない部分がありました。

それなりの知識があっても面倒くさい。

でも、Local by Flywheelは違ったんですよ。

なーんの知識がなくても、クリックしていくだけでWordPress環境が構築できちゃいました。

MAMPみたいに、これはこうして、なんて必要ありません。

ただアプリをインストールして、後は立ち上げるだけ。

MAMPって開発環境だから仕方ないのかもしれませんが、一般の人には全然優しくない作りだと思います。

でも、最近はWordPressを使う垣根というのが低くて、よくわからない、と言いながらもWordPressを使っているユーザーって多いと思うんですね。

そんな人に、「WordPressのカスタマイズしたかったらMAMPを使いなよ」って全然優しくないですから!

初心者さんが見たら、もうその場で逃げだしたくなると思うんですね。

私はそれなりに使ってはいたし、そこそこの知識もあると思うけれど、それでもMAMPでローカル環境を構築するのは面倒だったし、たまに使う時もわかり辛いなって思ってました。

だけど、Local by Flywheelだと、同じ開発環境だけど全然簡単なんですよ。

後日またやるときも簡単。

だから、もうMacにWordPressのローカル環境を作ると言うなら、絶対にLocal by Flywheelをおすすめします。

別に設定や使い方が簡単だからってMAMPに劣っている訳でもないし。

だったら、楽でインターフェースも綺麗なLocal by Flywheel使おうよ!って思います。

Local by Flywheelの設定方法と使い方

まずは、Local by Flywheelのサイトからアプリをダウンロードします。

Local by Flywheel

“FREE DOWNLOAD” をクリックすると、下記のような表示がされます。

MacでWordPressのローカル環境を作るのにLocal by Flywheelが超絶簡単だった

ここでは、Mac用かWindows用かを尋ねられます。

私はMacを選び、後はメールアドレスを入力し、最後にブログの数をプルダウンの中から選びます。

私の場合は複数なので、2-10を選びました。

そして、“GET IT NOW” をクリックします。

これで、MacにLocal by Flywheelがインストールできます。

後は、Local by Flywheelのアプリを立ち上げます。

アプリを立ち上げると下記のような画面になります。

MacでWordPressのローカル環境を作るのにLocal by Flywheelが超絶簡単だった

なんか、ホストとか書いてあるから、難しいのかと思いきや、こっちがやることはただひとつ。

“LET’S GO” をクリックするだけ。

少し待つとローカル環境ができて、下記の画面になります。

後はWordPressの設定をするだけです。

MacでWordPressのローカル環境を作るのにLocal by Flywheelが超絶簡単だった

“CREATE A NEW SITE” をクリックします。

MacでWordPressのローカル環境を作るのにLocal by Flywheelが超絶簡単だった

WordPressの設定と言いましたが、本物のWordPressの設定からしたらめちゃくちゃ簡単です。

サイト名を入力したら、“CONTINUE” をクリック。

MacでWordPressのローカル環境を作るのにLocal by Flywheelが超絶簡単だった

ここで、Preferred(推奨)とCustom(カスタム)の二つから選びます。

色々と指定したい場合はCustomですが、ここは “Preferred” を選択し、“CONTINUE” をクリックします。

MacでWordPressのローカル環境を作るのにLocal by Flywheelが超絶簡単だった

これでWordPressの設定も終わりました。

WordPressの管理画面へ行くには、“ADMIN” をクリックすれば行かれます。

ただ、ここで作られたWordPressは英語表示になっているので、日本語表示に設定します。

設定は、WordPressの管理画面の“Settings” → “General” へ進みます。

MacでWordPressのローカル環境を作るのにLocal by Flywheelが超絶簡単だった

MacでWordPressのローカル環境を作るのにLocal by Flywheelが超絶簡単だった

そして、“Site Language” のプルダウンの中から、“日本語” を選んで保存します。

これで、いつも使い慣れている日本語のWordPressの管理画面になりました。

これで、後は好きにいじっていきます。

この管理画面は、ブラウザのお気に入りなどに入れておくと後日便利です。

ちなみに、作業が一日で終わらないということも多いと思いますが、後日続きをするのも簡単です。

Local by Flywheelのアプリを立ち上げ、右上のOFFになっているところをONにするだけ。

MacでWordPressのローカル環境を作るのにLocal by Flywheelが超絶簡単だった

そして、ブラウザのお気に入りに入っているローカル環境にアクセスすればそこで作業ができます。

ちなみに、Local by Flywheelで作成したテーマなどのフォルダーは、下記にあります。

  • Macintosh HD\ユーザ\(ユーザー名)\Local Sites\
  • Macintosh HD\ユーザ\(ユーザー名)\Local Sites\(プロジェクト名)\app\public\

さいごに

今までパソコンのローカル環境でWordPressをいじるとなると面倒でわかり辛いMAMPを使っていました。

この面倒さがストレスになる位には私的には好きではないアプリでした。

でも、今回このLocal by Flywheelを使ってみて、今までのMAMPのあのわかり辛さや面倒さってなんだったんだろう?と思っちゃいましたね。

Local by Flywheelにしてからは、WordPressのローカル環境での作業が苦痛ではなくなりました。

今もネットでMacでWordPressのローカル環境を作るというとMAMPを取り上げられていることが多いですが、初心者の人や私のような面倒くさがりにはLocal by Flywheelをおすすめします。