mineo(マイネオ)でiPhone6s(ドコモ)を半年使った感想とメリット・デメリット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

mineo(マイネオ)でiPhone6s(ドコモ)を半年使った感想とメリット・デメリット

手持ちのiPhone6sをドコモからmineo(マイネオ)に変更して半年が過ぎました。

まだ、ドコモ回線もAndroidで使用しているので、mineoの良い点と悪い点を半年間実際に使った感想として書いてみたいと思います。




ドコモからmineoに変更した感想

まず、私の使っている環境は下記になります。

mineo: dプラン デュアルタイプ/3GB
機種:iPhone6s(ドコモ購入品)
通話使用:受けメインでたまに
データ通信:お昼休みを過ぎた平日午後がメイン
使用場所:地方の住宅密集地

総合的な感想として、満足度を点数にするならば、85点/100点といったところでしょうか。

満足度としては高いです。

ドコモで維持していく費用から考えたら月700円で使えているというのは、もう感謝しかない位に満足しています(月額料金を1年間900円引きキャンペーン中に申し込んだので)。

費用対策として効果高すぎとしか言えません。1mmも後悔してないです。

mineoの通信速度(dプラン)

キャリアからMVNOに乗り換える時に一番気になるのが、「速度はどうなるんだろう?」ということだと思うんですね。

まぁ、実際に利用していても、通信速度が一番気になりますよね。

ネットを見ていると、「mineoの速度は遅い!」というのをよくみかけます。

そして、「速いという人は地方だと思う」というのもよく見かけます。

現在、地方(田舎)だけど都会と変わらない住宅密集地でmineoを使用している私に言わせると、

地方でも都会と速度は変わらない!遅い時は半端なく遅いよ!

と言いたいです。

まぁね、地方と一口に言ってもピンキリじゃないですか。

畑や田んぼが広がる、”これぞ田舎!” なのか、”お店も住宅も多い密集地” なのか。

私の所は地方ですが、旧市街地で、いわゆる市の中心に近いというかほぼ中心なので、東京の下町にすごく近い雰囲気です。

徒歩圏内にお店も病院もあるし、学校もあるし、隣の家との距離は本当に近くて窓を開ければ会話できちゃう。庭のない家が大半。

そんな場所なので、当然ですが人口も都会より少ないけれど、それでも “いわゆる田舎” から見ると多いです。

そんな地方都市で実際にmineoを使うと、ピーク時はイライラするぐらいに遅い!だけど、ピーク時超えると全然OK

そんな感じです。

平日のある日の通信速度を測ってみました。

一番混雑する12時台と、ちょうどお昼休みが終わった13時台です。

mineo(マイネオ)でiPhone6sを半年使った感想とメリット・デメリット

12時台はダウンロードが1.77Mbpsとか、もう本当にノロノロです。

LINEとかならOKですが、ネット閲覧となるとサイトによっては「重いな」と感じます。

そして、お昼のピーク時を超えると一気に42.79Mbpsなので、動画を観るのも全く問題ありません。快適そのものです。

次に測ったのが、ちょうど会社が終わる頃の17時〜18時の間。そして、最後が夕食も食べ終わってまったりしている時間帯です。

mineo(マイネオ)でiPhone6sを半年使った感想とメリット・デメリット

夕方の、仕事終わり頃は、お昼のピーク時に近いスピードになってます。本当にこれぐらいだと使用用途によってはイライラしますね。

そして、最後が夕食も終わってまったりしている時間帯に測ってみましたが、5.02Mbpsと微妙な速度です。

この速度だと、ネットには問題ありません。動画を観るのは、読み込み時がちょっと遅いですが、始まってしまえば問題なく観ることができました。

42Mbpsなど出なくてもいいから、やっぱり5Mbpsくらいは出てくれるとストレスにはなりませんね。

ただし、お昼と夕方のピーク時は用途によってはイライラすることがあるので、この時間帯に使う場合は、せいぜいLINEとかメールとかに留めておくのが良いかな、と思います。

ちなみに、ドコモの方はこういったお昼や夕方のピーク時というのに関係なくサクサクと繋がっていました。

去年12月にmineoを使い始めた頃の速度はこちら

関連記事 ドコモの2台目プラスを解約してmineoにしてみた!mineo本音でレビュー

通話品質

通話は、基本的には受けメインですが、通話にも利用しています。

通話品質が落ちるということは全くありませんでした。

ドコモ回線の方とmineoと両方で通話をしましたが、通話品質は全く変わらないです。

アプリでの通話とかだと、ブツブツ途切れたり音がくぐもったりすることがありますが、そういうことは一度もありませんでした。

ただ、ネットで見ていると、au回線のaプランの方は通話品質が良くないという口コミもみますね。

私の場合は、あくまでもドコモ回線のdプランの通話品質の感想です。

通話料金は気にならなかった

通話は基本的に受けメインではありますが、たまにはかけることもあります。

「MVNOに変えると通話料が高くなるんでは?」という不安ありますよね。

ドコモとかキャリアだとカケホーダイとかカケホーダイライトとかあるので、あまり通話料金を気にすることはないけど、MVNOにはそれがない。

となると、通話料金高いんじゃない?って心配になると思うんですが、意外とそうでもなかったです。

mineoだとLaLaCallという050アプリを使えば、スマホ:1分18円、固定電話:3分8円と通話料金が安くなるのもあります。

私は基本的に、電話をかける時はLINEかこのLalaCallを使ってかけていました。なので通話料金が気にならないのはあるのですが、父はアプリは使えないのでmineoの普通の通話しかしていません。

それでも、「通話料金が高くなった!」というのは感じていないです。

確かに、ドコモだとカケホーダイライトでは5分以内の通話が無料ですが、月1,200円かかるんですよね。

これは、使っても使わなくても必要です。

アプリを使わずに普通にmineoで通話しても、1,200円だと30分話せるんですよ。

通話が多い人には、普通にmineoで通話すると確かに高いのかもしれませんが、一回の通話が短い、またはかける回数が少ないという人だと意外と1,200円程度あれば十分です。

LalaCallとか使えばそれがもっと安くなるので、結局、通話料金はドコモから比べて特に高くなったなどは感じていません。

データ繰り越しが助かる

3GBコースなので、通常は余るくらいなのですが、家族の入院があってバタバタしていた時がありました。

手続きなどの調べ物はもちろん、その他ブログのことなども普段なら家でやることが家でやる時間が取れないため、外で空き時間にスマホでやることが増えました。

ドコモ回線はあるのですが、家に帰った後でMacでそれらをまとめるとなると、AndroidよりもiPhoneの方が楽なので、専らiPhoneでやっていました。

そうです、つまりmineoの方ですね。

その時に、結構データ通信を使ってしまったのですが、それまでデータが余って繰り越しになっていたので、3GBを超えてしまっていましたが問題なく使えました。

もちろん、ドコモの契約があるので足りなくなったらSIMカードを入れ替えようと思っていたのですが、その必要はありませんでした。

後、私は使ったことはないのですが、mineoには “フリータンク” という他のmineoユーザーが寄付してくれたパケットを使うこともできます。

データ繰り越しのないMVNOもありますが、mineoはデータ繰り越しがあるし、フリータンクもあるので、一時的にパケット通信が増えた時にも安心だな、と思います。

コミュニティサイト・マイネ王がめちゃくちゃ便利!

一度、マイネ王を利用したことがあります。と言っても調べたらわかったので、質問はしませんでしたが。

父用のスマホを購入する際に、mineoで購入しようかと思ったのですが、どうも欲しい機種がなくて、ネットをウロウロしていたら、「コレいいなぁ」って思うスマホがあったんですね。

問題は、その機種がmineoのdプランで使えるかどうかでした。

mineoでは、「動作確認端末一覧」があり、dプランに対応の機種、aプランに対応の機種と掲載されているのですが、その一覧に載っていないものもあります。

そこで、マイネ王でその機種で検索をしてみたらヒットしました。

それで、dプランで問題なく使用している人がいることがわかりました。

もちろん、「動作確認端末一覧」には多くの機種が掲載されていますが、まだあまり日本で使っているユーザーがいないようなメーカーなどでは掲載されていない場合があるんですよね。

Amazonでも売られている機種ではあるけれど、周波数帯を調べるのがちょっと面倒だったんですが、マイネ王で簡単に解決しました。

私は、こんな簡単なことでしたが、見ていると結構色々な質問がされていたりするので、結構マイネ王で解決することは多いんじゃないかな?と思います。

後は、ユーザー同士話せるのっていいと思います。



mineoを半年使ってみたメリットとデメリット

mineoを半年、実際に使ってみた感じたmineoのメリットとデメリットです。

mineoのメリット

  • 月々の料金がめちゃ安い!
  • 通話品質もドコモと変わらない
  • パケット繰り越しがありがたい
  • ユーザー同士助け合いのフリータンクもある
  • ユーザー同士の助け合いの “マイネ王” がめちゃくちゃ便利
  • dプランならiPhoneでもテザリングが出来る

マイネ王というのは、mineoユーザーのコミュニティサイトとなっていますが、こういうのって他のMVNOにはない気がする?ある?

mineoのデメリット

  • お昼と夕方のピーク時は使い物にならない時がある
  • LalaCallなどを上手く使わないと通話料金が高くなることがある

mineoを半年間、実際に使って感じたデメリットはこんなところですね。

通信速度はね、本当にお昼時はめちゃめちゃ重いです。

LINEとかならなんとかなっても、サイトなんかだと重くて調べものするのにすーっごく時間かかって、イライラして使い物になりません。

なので、その時間帯に使わなければいけない時は、私はドコモを使うようにしていましたが、mineo一本に乗り換えたら、それはできないですよね。

もし、mineoのみで、どうしても嫌!という場合は、”プレミアムコース” という優先通信サービスが不定期に募集されているので、それに応募してみるといいかもしれません。

“優先通信” というだけあって、申し込めば誰でもOK!という訳ではなく、人数が限られているんですね。

ただ、本当に不定期なのでマメにmineoをチェックしていないと見逃してしまうと思いますので、プレミアムコースに申し込みたい!という人はマメにチェックするといいと思います。

後は通話ですが、私のように通話は受けが多い人の場合は、ドコモのカケホーダイやカケホーダイライトの金額で大体問題はありませんが、それでもやっぱり安くかけたいですよね。

そういう時は、やっぱりLalaCallなどのアプリを使わないと高いですね。

ただ、これも、月850円で “mineoでんわ” というのがあるので、これを使えばカケホーダイライトのように使えます。

が、こちらも専用アプリを使わないといけないので、「間違えて普通にかけちゃった!」という場合はアウトです。

通話はなんらかのアプリからかける、という癖のある人は大丈夫かもしれませんが、キャリアを利用している時って、やっぱり結構普通にかけていたので、その癖がフと出てしまう時が怖いですね。

さいごに

色々書きましたが、総体的にはかなり満足しています。

1年間は900円引きなので、後半年近くあります。最初は、「満足できなかったら、1年経ったら他に乗り換えよう」と思っていたのですが、今は乗り換える気はないですね。

よっぽど何か気になるところが出たら別ですが、今のところはないです。

端末ラインナップをみると、IIJmioはすっごく充実しているんですけど、端末なんかはどこでも買えますからね。

ハイエンドモデルが欲しければ白ロムもあるし、格安スマホが欲しければAmazonでも売ってるし。

キャリアと全く同じように使うという訳にはいかないけれど、月々の料金を考えるとそれを引いても余りありますね。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事とスポンサー広告