WordPress

WordPressテーマが致命的なエラーで編集できない場合の対処法

投稿日:

WordPressテーマが致命的なエラーで編集できない場合の対処法

WordPressを使っている人なら、一度はやったことがあるであろう、WordPress管理画面上でのテーマ編集。

私も過去何度もやってきました。

が、先日管理画面上でテーマ編集をしようとしたら「致命的なエラーのため編集できません」というエラーメッセージがでました。

その原因と対処法をご紹介します。

スポンサードリンク




WordPress管理画面上でテーマ編集ができない!

少し前の話しですが、WordPressの設定とカスタマイズを頼まれ、その際にテーマのPHPファイルに手を加えないといけないことがありました。

コードを入力して、「保存」をクリックしたものの、出たのが、このエラー。

WordPressテーマが致命的なエラーで編集できない場合の対処法

致命的なエラーなエラーをチェックするためにサイトと通信できないため、PHPの変更は取り消されました。SFTP を使うなど、他の手段で PHP ファイルの変更をアップロードする必要があります。

え?

コード間違えた?

と思っちゃいますよね〜。

が、違うんですね。WordPress4.9以降テーマ保存時の仕組みが変わったためにこのようなエラーメッセージが出るようになりました。

決してコードが間違っていたとかいう訳ではありません。

ちなみに、このエラーが出るとWordPressデザインが崩れます。

PHPだけでなく、CSSも。

つまり、WordPress管理画面上の「テーマ編集」は触ると面倒なことになる魔の境地と化しました。

まさに、「触るな危険!」です。

WordPress4.9以降ではテーマ編集はどうしたらいいのか

とはいえ、CSSもそうですが、PHPをいじる必要がある時もありますよね。

CSSの場合、新たにCSSを追加する場合は、「外観」→「カスタマイズ」で追加CSSを入力すればいいだけですが、既存のCSSをいじらなければいけない場合もあります。

カスタマイズやGoogle関連のコードをPHPに埋め込む必要が出てくることもあります。

では、そんな時はどうしたらいいのか。

方法としては2つあります。

  • テーマ保存時のチェック機能を無効にする
  • FTPでファイルを一度ダウンロードして編集してアップロードする

テーマ保存時のチェック機能を無効にする

これは、WordPressの "wp-admin/includes/file.php" をいじるというもの。

具体的には、492と599 行目を "/*" でコメントアウトします。

492行目のはじめに "/*" を入れ、599行目の最後に "/*" を入力します。

WordPressテーマが致命的なエラーで編集できない場合の対処法

これでコメントアウトされ、テーマ保存時のチェック機能が無効になります。

このチェック機能を外しておけば、いくらでもWordPress管理画面上でテーマ編集をすることができます。

ただし、WordPressのバージョンアップがあった場合は再び同じようにコメントアウトし、チェック機能を外す必要があります。

注意ポイント

WordPressのバージョンアップごとにやる必要がある。

FTPでファイルをダウンロードして編集し、アップロードする

古典的なやり方ではありますが、FTPでファイルをダウンロードしてテキストエディタで編集し、再度FTPでアップロードする。

WordPressテーマが致命的なエラーで編集できない場合の対処法

テキストエディタで編集。

そして、FTPでアップロード。

注意ポイント

編集する量が多い場合は面倒くさい。

結局、どっちの方法にしたらいいの?

どちらの方法も一長一短あるんですよね。

前者の "wp-admin/includes/file.php" でコメントアウトをする場合も、WordPressがバージョンアップすれば再び同じようにコメントアウトする必要があります。

後者だと、編集するものが少なければ、ちょっと面倒ではありますがバックアップも兼ねられるので利点はあります。でも、いくつものファイルを編集するとなると少し手間がかかります。

一番いいのは、WordPressがこの機能をなくしてくれることなんですが、バージョンアップしても今のところ変わっていないのでちょっと無理かもしれません。

私的におすすめなのは、面倒ですが、"FTPでダウンロード&アップロード" です。

理由は簡単で、「ミスした時にWordPressが吹っ飛ばないから」です。

WordPressってほんの小さなミスで真っ白になっちゃったり、デザインがめちゃくちゃになっちゃうじゃないですか。

そうなった場合、バックアップを取ってあればそこから復元できますが、もし取っていなかったら?

WordPress本体をダウンロードしてきて、FTPで該当ファイルをアップロードして...となります。

まぁ、普通テーマの編集をする場合はバックアップを取っているとは思いますが、うっかりして忘れちゃった!なんて時もありますよね。

「随分前の分しかバックアップがない!」とかね。

そういった時にすっごい困ります。

なので、慎重に行くなら "FTPでダウンロード&アップロード" がおすすめです。

ちなみに私は、お手伝いでこの痛ーい目にあい、その後このブログや他のブログのテーマ編集をした時は全てFTPを使用しました。

理由は自分がすっごくうっかり屋さんだと自認しているからです。

でも、「自分は絶対大丈夫!」という自信のある人は、"wp-admin/includes/file.php" でコメントアウトするのが楽でいいと思います。

ただ、まぁ、普通、そこまでいくつものファイルを編集することって、そうそうないと思うのでね、FTPを使ってもいいかなぁと。

さいごに

以前は何の気なしにWordPress管理画面のテーマ編集でいじっていましたが、今では魔の住まう場所になってしまいました。

だって、知らずにいじってブログが崩れたら焦るじゃないですか。

私も最初焦りました。

そして、今現在では対処法としてはコメントアウトするかFTPを使用するかです。

確かに管理画面上で編集して、「間違えてWordPressが真っ白!」なんてなることもありますけどね。

どちらがいいのでしょうか...。

ただ、どちらを選ぶにしても、バックアップはしっかり取っておきましょうね。

特にカスタマイズしていたのなら尚さらです。一からカスタマイズとか気が遠くなりますからね。

私みたいに飛ばしのプロにならないように(自爆

 









-WordPress

Copyright© Synkers.net , 2018 All Rights Reserved.