WordPress

簡単にできるContact Form7のスパムメール対策4選!

投稿日:

簡単にできるContact Form7のスパムメール対策4選!

WordPressでお問い合わせページを導入するためにContact Form7が便利です。

...便利なのですが、デフォルトのままだとスパムメールがひどいことになりますよね。

そこで、初心者でも簡単にできるContactForm7のスパムメール対策を4つご紹介します。

スポンサードリンク




Contact form7のスパムメール対策

簡単だけど、効果的なContact Form7のスパムメール対策をご紹介します。

対策1. 検索エンジンに登録させない

簡単にできるContact Form7のスパムメール対策3選!

そもそもの大前提としてお問い合わせページを検索エンジンに登録させないことです。

WordPressのテーマ、もしくはAll in One SEO Packで"noindex,follow"にします。

対策2.Akismetを利用する

簡単にできるContact Form7のスパムメール対策4選!

WordPressのコメント欄へのスパム防止にAkismetを利用していると思います。

このAkismetをContact form7にも活かしましょう。

とは言っても、ただAkismetを有効にしただけではダメです。

お問い合わせのコンタクトフォームを少し修正します。

修正前 修正後
[text* your-name] [text* your-name akismet:author]
[email* your-email] [email* your-email akismet:author_email]
[text your-url] [text your-url akismet:author_url]

[text* your-name]には"akismet:author" を追加、your-emailには"akismet:author_email"を追加、URLにはyour-urlに"akismet:author_url"を追加します。

その完成形が上記の表になります。

これで、Contact Form7にもAkismaetが有効となります。

対策3.送信前にチェックボックスを追加する

簡単にできるContact Form7のスパムメール対策3選!

メッセージ本文の下にチェックボックスを追加します。

下記のコードをコピペすれば大丈夫です。

これで、チェックボックスが追加され、チェックしないと送信できないようになります。

対策.4 送信者のIPアドレスやUAを取得する

上記3つの対策でかなりのスパムメールを防ぐことができます。

それでも、人為的に送られてくるスパムには対応しきれません。

そこで、送信者のIPアドレスやUA情報を取得できるようにします。

IPアドレスがわかれば、そのIPアドレスをはじく設定ができるので、IPアドレスは取得するようにするのがベストです。

Contact Form7でのIPアドレスとUAを取得するには、お問い合わせ設定画面のメールタブでできます。

簡単にできるContact Form7のスパムメール対策4選!

このメールタブのメッセージ本文の中に下記のコードを追加します。

これで、メール送信者のIPアドレスとブラウザなどのUA情報が取得できます。

ここで取得したスパムメールのIPアドレスは、プラグインのWP-Banなどで拒否しましょう。

さいごに

Contact form7のスパムメール対策としては上記で十分だと思います。

本当はIPアドレスなどは取得せずに穏便に...と思いますが、かなり悪質なしつこいスパムメールも中には存在するので、その場合はIPアドレスがわかればIPアドレス拒否ができます。

この場合、IPアドレスを変えられたら意味がないのですが...。

それでもダメな場合は法的手段になってしまいますが、そこまでいくことはまずないでしょう。

Contact form7のスパムメール対策というと難しそうですが、全部コピペでできるので初心者でも簡単にできるので、スパムメールに悩んでいる人はぜひ試してみてくださいね。

 









-WordPress

Copyright© Synkers.net , 2018 All Rights Reserved.