その他色々

新Google Search ConsoleでFetsh as Googleの機能を使う方法

投稿日:

新Google Search ConsoleでFetsh as Googleの機能を使う方法

昨年新しくなったGoogle Search Console。

でも、新しくなったら、何がなにやらさっぱり...で、今まで旧画面ばかり使用していました。

私が使うものの中に、検索エンジンに早くクロールされるために使うFetch as googleがあります。

きっと、使われている方も多いと思いますが、新しい管理画面ではこれがよくわからなかったんですよね。

でも、間もなく旧画面は見られなくなるようで、慌てて新画面にてFetch as googleをの機能を使う方法を探しました。

今回は、新しいGoogle Search ComsoleでFetch as googleの機能を使う方法をご紹介します。




新Google Search ConsoleでFetch as googleの機能を使う

まずは、新しいGoogle Search Consoleにアクセスします。

Google Search Console

そして、左側のメニューを見て貰うとわかりますが、"Fetch as google" という項目がないのがわかります。

では、この新Google Search ConsoleでどうやってFetch as googleの機能であるクロール依頼をするのでしょうか。

蓋を開けてみるととっても簡単で、上部の検索バーでクロールを呼びたいURLを入力します。

新Google Search ConsoleでFetsh as Googleの機能を使う方法

すると、"URLがGoogleに登録されていません" と出るので、その下にある「インデックス登録をリクエスト」をクリックします。

新Google Search ConsoleでFetsh as Googleの機能を使う方法

すると、テスト中という画面になるので、ひたすら待ちます。

新Google Search ConsoleでFetsh as Googleの機能を使う方法

画面では1〜2分となっていますが、おそらく1分かからないくらいには画面が下記のように変わると思います。

変わったら、「OK」をクリックします。

新Google Search ConsoleでFetsh as Googleの機能を使う方法

これで、クロールの依頼は終わりです。

スポンサードリンク

まとめ

新しいGoogle Search Console画面は慣れないとわけがわからないので、Fetch as googleの機能ももっと難しくなったのかと思いきや難しいこともなく、簡単に終わりました。

気になるテストという名の待ち時間が、表示の1〜2分よりは短く感じましたが、それでも旧Fetch as googleと比べると少し時間がかかるかな?という気がします。

ただ、ユーザーとしては、Fetch as googleという名称に慣れているので、せめてその名称は残して欲しかったかな?と思わなくもないですが...。

少しずつ新しいSearch Consoleの画面に慣れていかないとですね。

 

 






  • この記事を書いた人
akika

akika

Synkers.netへようこそ。 『Synkers』とは、"Think" と "Sync"を掛け合わせました。 Macやガジェット、ネット関連を中心に書いています。 → 詳しいプロフィールを読む

-その他色々

Copyright© Synkers.net , 2019 All Rights Reserved.