Affinity Designer

Affinity Designerの角丸変更方法が便利すぎた!

投稿日:2019年6月19日 更新日:

Affinity Designerの角丸変更方法が便利すぎた!

角丸の四角の描き方はIllustrator、Affinity Designerどちらも簡単に描くことができます。

でも、角丸の角度を変えたりするやり方は微妙に違うし、なんならAffinity Designerでは角丸ではなく、角の処理が簡単にできるんですね、

今回はAffinity Designerでの角丸処理についてお話したいと思います。




Affinity Designerでの角丸変更はもはや角度だけじゃない

図形を描く時に何気に使うのが角丸の四角。

Affinity Designerでも角丸の四角を描くのは簡単で、ツールパレットで角丸を選んでドラッグ&ドローで描くだけ。

Affinity Designerの角丸変更方法が便利すぎた!

なんの難しいこともありません。

が、Illustratorではこの角丸の角度を変えることができますよね。

丸の角度を大きくしたり、小さくしたり。

Affinity Designerではどうやるのかな?と思ったら...画面上部に「コーナー」という項目がありました!

コーナーの%を大きくすれば角がより丸くなり、小さくすれば角が少し四角っぽくなってきます。

Affinity Designerの角丸変更方法が便利すぎた!

これは25%から12%にしたもの。

角の丸みが小さくなっていますよね。

Illustratorでもこれは簡単なのですが、角度なんてどれくらいがいいのか実際に見てみないとわからないですよね〜。

その点、Affinity Designerは実際に図形を見ながら調整できるので親切だな、と思いました。

スポンサードリンク

角丸以外の処理もできる

でも、Affinity Designerが便利なのはこれだけでは終わりませんでした。

例えば、角丸ではなく凹みがあるようにしたりとかしたかったら?

Illustratorだとパスを重ねて...ってやらなくてはいけないですよね。

でも、Affinity Designerだと一発で変更できます。

見るのは、同じ画面上部の「コーナー」ですが、数字の左隣りが丸くなっているのがわかります。

Affinity Designerの角丸変更方法が便利すぎた!

ここをクリックしてみると...

Affinity Designerの角丸変更方法が便利すぎた!

どうですか?

角の装飾をしない、丸みをつけるだけでなく、直線状、凹み付け、切り抜きとあります。

Affinity Designerの角丸変更方法が便利すぎた!

こちらが直線状。

Affinity Designerの角丸変更方法が便利すぎた!

こちらが凹み付け。

コーナーの形状を変えるだけで角丸の形が変わっていきます。

これはIllustratorにはない機能ですよね。

さいごに

今回はたまたま角丸の四角を作る機会があり、最初は角丸の調整が出来ると知っていたIllustratorで作っていたのですが、作り終わってから「Affinity Designerではできるのかな?」というので開いてみたら、Illustratorより直感的で様々な処理ができるのを知りました。

Affinity Designerはまだ完全にIllustratorに追いついたわけではないのですが(オートトレース等)、それでもデザインをやる人間に難しいことは要求せずに直感的に操作をさせるのが得意だと思います。

これ、オートトレース機能が搭載されたらイラストレーターさんもAffinity Designerに移ってきそうだな...

関連記事
Affinity Designerを購入!初心者にはIllustratorよりおすすめ
Affinity Designerレビュー!おすすめポイント5個

デザインをする人の間ではずいぶん前から、Illustratorの代替えとして話題となっていたAffinity Desig ...

続きを見る

 






  • この記事を書いた人
akika

akika

Synkers.netへようこそ。 『Synkers』とは、"Think" と "Sync"を掛け合わせました。 Macやガジェット、ネット関連を中心に書いています。 → 詳しいプロフィールを読む

-Affinity Designer

Copyright© Synkers.net , 2019 All Rights Reserved.