ガジェット・周辺機器 周辺機器

【レビュー】MacのTime Machine用ハードディスクにG-Driveに決めたはなし

 

MacのTime Machine用ハードディスクにG-Driveに決めたはなし

Time Machineに使っていたWD(ウェスタンデジタル)のハードディスクがマウントされていないことに気づかなかったakikaです。

マウントされていないってすぐに気づきますよね?

なのに、なぜ気づかなかったのか自分でも不思議です。

まぁ、そんなこんなで急遽新しいTime Machine用の外付けハードディスクが必要になりました。

今はSSDもだいぶ安くなってきましたが、まだまだHDDの2倍はするんですよね。

ということで、新しく迎い入れるために探したのもHDDになります。

G-DRIVE Mobile USB3.0にした理由


Amazonで購入したのですが、私が購入した時は2TBで12,800円だったのが今見たら13,339と若干値上がりしていました。

最初は、ご臨終したTime Machine用HDDがWD(ウェスタンデジタル)だったので、今回もWDにするつもりだったのですが、色々見ていて「コレ!」というのがなかったんですね。

数日かけてどうしようか悩んでもWDでは見つからない。

なので、WDにこだわらずに探していて出会ったのがG-DRIVEでした。

MacのTime Machine用ハードディスクにG-Driveに決めたはなし

パッケージはこんな感じ。

Amazonで購入したのですが、私が購入した時は2TBで12,800円でした。

※ 今見たら13,339と若干値上がりしていました。

MacのTime Machine用ハードディスクにG-Driveに決めたはなし

内容物はこんな感じ。

USB-CとUSB-Aの両方のケーブルが付属しているので最新のMacから少し前のMacにまで対応します。

私はUSB-Aを使用しています。

MacのTime Machine用ハードディスクにG-Driveに決めたはなし

本体がシルバーなのでMacにとても馴染みます。

うん、格好いいですよね。

これだと大きさがわからないので、比較してみました。

iPhone6sと比べるとこんな感じ。

縦はiPhoneより小さい!

MacのTime Machine用ハードディスクにG-Driveに決めたはなし

今まで使っていたWDと比べると、巨人と小人のようです。

WDのは据え置き型で電源アダプターも必要としていました。

でも、今回はポータブルディスクなのでバスパワーです。

大きさもそうですが、重さも全然違います。

WDのハードディスクを購入したのが、確か2013年頃だったと思うので7年近く経っているので時間の流れとともに随分変わっていくんだな、と思いました。

スポンサードリンク

ESETではひと手間必要

G-DRIVE Mobile USB3.0はMac用にフォーマットが不要でTime Machineに対応なので、USBで接続すればすぐに使用できるものでした。

なのに...マウントされない。

MacのTime Machine用ハードディスクにG-Driveに決めたはなし

マウントされていませんよね。

何回USBを抜き差ししても変わらない。

私のメインのiMacは環境が古いので、そのせいかとも思ってみたりして。

でも腑に落ちなくて。

思いついたのがESET。つまりセキュリティアプリです。

MacのTime Machine用ハードディスクにG-Driveに決めたはなし

下の「リムーバルメディアのブロック」を有効から無効に変更しました。

すると...

MacのTime Machine用ハードディスクにG-Driveに決めたはなし

きちんとマウントされました。

他のセキュリティアプリではわかりませんが、ESETでは上記に変える必要がありました。

まとめ:G-DRIVE Mobile USB3.0

以前私がWDのハードディスクを購入した時は、据え置きタイプが主流でMacBook Proなどのためにポータブルディスクがあった程度でした。

ですが時間の経過とともに今は据え置きタイプは少なく、ポータブルの方が多くなっていました。

まだ使い始めて一週間程度なので耐久性などはわかりませんが、3年保証もついているのでとりあえず安心しています。

もし、Time Machine用のハードディスクが必要なら、G-DRIVEはおすすめです。







  • この記事を書いた人
akika

akika

Synkers.netの中の人です。 『Synkers』とは、"Think" と "Sync"を掛け合わせました。 Macやガジェット、ネット関連を中心に書いています。

-ガジェット・周辺機器, 周辺機器

© 2020 Synkers.net