仕事用のメールクライアントをMailからPostboxに乗り換えました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

久々にメールアプリを変えた@a_kikaです。

Mail

Microsoft Entourageから始まった私のMacメールアプリ遍歴。
Entourageの後はずっと、Apple純正のMailを使用していましたが、この度、長年連れ添ったMailと別れを告げ、Postboxへと移りました。

Mac使いになってからも、色々なメールアプリを使ってきました。
話題となったアプリも使っています。
だけど、なかなかメインのメールアプリになるべくアプリはありませんでした。

というのも、仕事で使用しているメールサーバーがIMAP非対応。POPオンリーな環境なんです。
なので、最近のMacのメールアプリは使えないのが多いと言う悲しさ。
だから、Mailを長い間使ってきたんですが。
だけど、Mavericksになってから、小さな変更があり、それが私にはとっても困った!
メールヘッダー見れないし、エンコードできない。
他言語環境の私としては、これは痛い訳でした。
そして、申告業務が終わってから、本気でメールアプリを乗り換えるべく、片っ端から試しました!

とは言っても、POPな環境を使えるMacのメールアプリって、今は本当に少ないですねぇ。
確かに、IMAPが浸透してきてはいますが、それでも、まだまだPOPサーバーなところも少なくないと思うんですが。

今回POP対応で仕事用として使うに便利なメールアプリ、ということで探しました。
候補としては、AirmailとGyaz mailでしたが、Airmailは仕事用としては、ちょっと「うーん…」な点があり、Gyaz mailはなぜか設定に失敗し、「乗り換えられないのか?」と思ったので、海外まで出かけました(ネットでね)
もうね、日本語対応なんてなってなくていいです。
メール本文さえ、まともに読めれば。
で、白羽の矢があたったのがPostmailです。

実は、私、今回初めて知ったのですが、結構古くからあるメールアプリなんですね。
外観はこんな感じ(Mailのように横3カラムに変更済み)

初期は、いかにもメールアプリっていう感じだったので、一番しっくり来る横3カラムに変更。
メールアカウントの設定はとても簡単で、SNS連動。
TwitterやFacebookはもちろんだけど、Evernoteあり。これが個人的に一番嬉しかった。
スパム設定や、フィリタリングも十分。
しかも、Thunderbirdのコードを使用しているとかで、アドオンがあるのが、これまた地味に便利。
それなのに、お値段はお財布に優しい$9.95。
しかも、Windows版もあるので、1つのライセンスでWindowsも使えるそうです。
ちょうどWindowにメールアプリがないので、ついでに使おうかと思っています

Images 1 20 43 52

Postbox

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク